とりとめもなく、ぐうたらな思いを、不協和音のように
by hobodai